心理カウンセラーになりたい人のためのHOWTO

心理カウンセラーの資格を取得するための全知識

心理カウンセラーの資格を取得するための全知識

心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーとは、心に悩みや不安を抱えている方に寄り添いだけではなく、その「悩み」対して、「カウンセリング」や「心理療法」を用いて改善へと導く専門家です。

医療の現場で行う「治療」とは区別されており、しっかり相談者の「声」に傾き、相談者自身が解決の糸口を導き出すのが目的とされています。

心理カウンセラーは資格ではなく職業

心理カウンセラーというと、なにか専門的な資格が必要なように思いがちですが、実は職業の呼称であって、資格ではありません。(臨床心理士や産業カウンセラー、メンタルケア心理士などの資格の総称として呼ばれることもあります。)

また、医者や弁護士のように、資格を持っていないと名乗ることができない職業ではないので、極端な話今この場から心理カウンセラーを名乗っても罪にはなりません。

そんな不届き者と同じ扱いをされないためにも、また心のケアをするにあたり必要な知識を学ぶためにも、資格を取得しておくことは心理カウンセラーを目指すにあたって必要といっても過言ではないでしょう。

心理カウンセリングに役立つ資格一覧

  • メンタルヘルス・マネジメント
  • メンタルケア心理士・心理専門士
  • 認定心理士
  • 臨床心理士
  • 産業カウンセラー
  • 公認心理師

通信と通学、どちらがいい?

心理カウンセラーの資格を取得する際、通信講座と通学で迷うかもしれません。
もしあなたが仕事をしながら資格取得を目指すなら、間違いなく通信講座にすべきです。なぜなら、通学講座のように受けたい授業の時間が決まっているとどうしても受けられない、もしくはスケジュールで無理をする必要がある授業が出てくるからです。

通信講座なら、いつでも自分のスケジュールに合わせて学ぶことができ、移動時間や空き時間にも学ぶことができます。
最近では講義を収録したDVDを使い、通学しているかのような臨場感のある学習ができます。

そして、なにより金銭的な負担が大きく軽減されます。講座にもよりますが、通学に比べ学費が半額以下になることも珍しくないようです。

管理人がTERADA医療福祉カレッジをオススメする理由

管理人がTERADA医療福祉カレッジをオススメする理由

もしあなたが心理カウンセラーで独立するなら、信頼できる資格を持っているかどうかが集客において重要になります。なぜならクライアントはあなたを判断できる情報がごく限られているからです。また、独立をしないにしても、心理カウンセラーは幅広く深い知識が必要になります。一人ひとり違う悩みや苦しみに適切に寄り添う必要があるからです。

医療教育一筋12年の実績を持つ老舗の通信スクールであるTERADAでは、メンタルケア心理士をはじめ内閣府特別の機関である協力学術研究団体が認定する資格を取得することができ、深く広い知識を学ぶことができます。

さらに、TERADAなら充実したバックアップ体制で続けやすい環境が整っています。また電話で模擬カウンセリングもできるため、実践に向けて準備することができますよ。

今さら大学院卒の資格が必要な臨床心理士は難しい、という方には一番おすすめだと思っています。

TERADA医療福祉カレッジの公式サイトはこちら

心理カウンセラーの給料ってどれくらい?

資格も取って、晴れて心理カウンセラーになれたとき、お給料はどれくらいもらえるのでしょうか?人の役に立つカウンセラーの仕事は、大変やりがいがありますが、やっぱり生活のためにどれくらいの収入を見込めるのかは気になる所ですよね。ここでは、心理カウンセラーの働き方に応じた給料の相場をご紹介します。

企業に勤務する「産業カウンセラー」の場合

産業カウンセラーの平均年収は、およそ435万円です。387万円~521万円がボリュームゾーンにあたります。正社員か契約社員かどうかにもよって年収は違いますが、日本の平均年収420万円と比べてもさほど差のない金額ということが分かりますね。

サラリーマンですから、もし給与水準の高い大企業に就職することができたら、出世して1,000万円以上の年収を稼ぐカウンセラーもいます。

医療機関に勤務する「ソーシャルワーカー」の場合

ソーシャルワーカーは、公務員と民間で分けることができます。公務員医療ソーシャルワーカーは主に生活保護課や社会福祉課で生活保護受給者の医療相談に応じたり、市民病院で相談員として働いています。年収は400万円~500万円程度が平均です。

民間医療ソーシャルワーカーは、医療機関・社会福祉事務所で相談員として働いています。年収は380万円~400万円程度が平均です。

当サイトのメインコンテンツ

ページのトップへ