心理カウンセラーになりたい人のためのHOWTO

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるには

これから心理カウンセラーを目指すに当たって気になることは多々あると思います。資格の取り方や学歴が必要なのか、仕事はあるのか、そもそも自分が向いているのか、など。そういった疑問や基礎情報をまとめています。

資格がなくても「心理カウンセラー」と名乗ることはできる

2017年時点においては心理カウンセラー関係の資格はすべて民間資格で、国家資格は存在しません。そのため、無資格でカウンセリング業務を行ったところで違法ではなく、実際に資格を持たずに心理カウンセラーと名乗る人はたくさん存在します。

もちろん無資格=信頼できない、に直結するわけではありませんが、相談しようとする人の立場になって考えると、資格を持っているか否かはカウンセラー選びで大きな要素を占めると思います。誰でも名乗れる資格だからこそ、肩書として恥ずかしくない資格を持っておくべきだと思います。

心理カウンセラーに向いてる人

やはり話を聞く能力があるとカウンセラーとしても頼られやすいと思います。

クライアントが何を求めているのかにもよりますが、アドバイスを与えるというよりも、話を聞いて掘り下げていくことで自ら問題点に気付いてもらうことが重要だと思います。
そのため、おせっかいなアドバイス好きな方よりも、適切な相槌ができて喋りやすい空気をまとっている方が向いているのではないでしょうか。

心理カウンセラーの資格を取得するためには

心理カウンセラーは今この時から「カウンセラー」と名乗ることができるため、そういった人と差別化を図るためにも資格を取得することがオススメです。
資格を取得するうえで必要な知識を学ぶことができるので、今まで心理カウンセリングに携わったことがない方でも大丈夫。

ただし、勉強代を節約しようとして完全に独学で学ぶのは難しいかもしれません。なぜなら本気で学ぶなら「なにがわからない」かがわからない状況になりやすいからです。

求人はあるのか

求人はあるのか

基本的に心理カウンセラーに求められる資格は臨床心理士がほとんどだとおもいます。そのほかは資格単体でみると就職に役立つとは言いがたい状況です。

ただし、このストレス社会で悩みのない人はいません。きちんと学ぶことで一生活用できるカウンセリングの知識と技術を得られます。それをどう活かすかはあなた次第ではないでしょうか。

資格取得に学歴は必要か?

心理カウンセラーの資格は、学歴・年齢不問のものもありますが、おおくは大学卒・大学院卒や指定講座を受講していなければ試験を受けられません。

ここでは学歴が高卒の方が心理カウンセラーを目指す上で必要な知識をまとめています。

心理カウンセラーのスクール選びで注意する点とは?

どこも同じ、と思いがちな心理カウンセラーのスクールですが、もちろん会社によって特徴があります。よく調べてから選ばないと心理カウンセラーについて学んでいても本当にあなたが求める知識を得られないかもしれません。ここではそうならないためにあなたにあった心理カウンセラーのスクールを見極めるコツを説明します。

心理カウンセラーの資格取得でよくある質問

心理カウンセラーを目指す上では「年齢制限」や「資格の選び方」など気になる点がいくつか出てくると思います。

ここではそういった疑問・質問に答えています。

ページのトップへ