心理カウンセラーになりたい人のためのHOWTO

メンタルケア心理専門士

メンタルケア心理専門士

内閣府特別の機関である協力学術研究団体が認定する信頼度の高い資格。メンタルケアについて広く深く体系的に学ぶことができるワンランク上の資格、メンタルケア心理専門士について説明しています。

check!!

現在はメンタルケア心理専門士認定試験はありません。「文部科学省後援こころ検定1級」に合格し、特定の条件を満たせばメンタルケア心理専門士の資格を授与されます。

→参考:文部科学省後援こころ検定

メンタルケア心理専門士とは

メンタルケア心理専門士は、メンタルケア心理士をさらに深堀りした内容になっています。メンタルケア心理専門士の検定があった平成29年度の合格率は14.6%と、民間資格の中でもかなり難易度の高い資格になります。

メンタルケア心理士の資格所持者という縛りがあった上でこの合格率なので、学習に多大な労力が必要になることを覚悟しなければいけません。

メンタルケア心理士の対応領域は人間関係・仕事・病気などの「不安」や、それらに起因する不眠やうつ・無気力などの「精神疾患予備軍」になります。それに加えて、メンタルケア心理専門士は、パニック症やPTSD・うつ病(DSM-5)・統合失調症などの「精神疾患」も対応できるようになります。

メンタルケア心理士でも幅広く心のケアができますが、さらに心理について深堀りしたい方がメンタルケア心理専門士の資格を取得する傾向にあります。

メンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の違いは?

メンタルケア心理専門士は、メンタルケア心理士と同様に「メンタルケア学術学会」が認定する資格です。

メンタルケア心理士の上級資格となっており、より深い知識の理解が必要のため学ぶ量にややボリュームがあり、特に精神疾患など医療に関する「心」の問題をしっかり学びたい方にもおすすめの資格です。

また資格取得後は、メンタルケア学術学会が主催する研修・講座や、日本学術会議や文部科学省が後援の学会大会にも参加できるようになるため、より深い知識を学ぶことができます。

メンタルケア心理専門士の資格取得方法

メンタルケア心理専門士の資格取得条件

  1. 必須条件:文部科学省後援こころ検定1級 合格者
  2. その他、下記いずれかを満たしている
    • 学会指定の教育機関にてメンタルケア心理専門士講座を受講し修了している
    • 臨床心理士の資格を保有している
    • 心理学系の大学院を卒業している

※詳細は試験実施団体のHPを参照

メンタルケア心理専門士の資格取得費用

資格登録料:5,600円
※こころ検定1級の受検に別途費用が発生します。

→参考:文部科学省後援こころ検定

メンタルケア心理専門士の資格取得にオススメの講座は?

非常に難易度の高いメンタルケア心理専門士を取得するには、それだけ「テキストの質」と「サポートの質」が重要になってきます。
その点「TERADA医療福祉カレッジ」は12年の実績があり、最長12ヶ月の受講期間を設けて合格を徹底サポートしてくれるため、初めての方でも安心して学習を進められます。

また計21枚のDVDでわかりやすく講義をしてくれるので、テキストを読んでも眠くなる・・・という方でも内容が入ってきやすく学習効率が高まります。

通信教育ながら担任の先生がつくため、わからないところはもちろん学習の進め方や不安にも相談に乗ってくれますよ。一人で続ける自信がない、という方も、ぜひ一度相談してみてくださいね。

TERADA医療福祉カレッジの公式サイトへ

ページのトップへ